行政書士の独学は勉強時間の節約になる?

行政書士, 独学

行政書士の試験に受かるまでにかかる勉強時間は、できることなら節約したいものですね。

行政書士の勉強方法に毎年、独学を選ぶ人たちがいます。独学は勉強時間という論点から見つめていくと どうでしょうか?

独学で節約できるのは、つまるところ費用でしょう。誰かに教えてもらわないのですから、謝礼を支払う 必要がありません。行政書士になりたいと思う人たちの大半は、 仕事を変えたいと思っていたりまだ自分の進路が固まっていなかったりということが多く、 資金的に潤っていない人たちでしょうから、資金の点で有利になる独学で行政書士になれたら、と夢見ることは とがめられません。

しかし、独学の行政書士受験で節約できることはおそらく、費用だけでしょう。勉強時間となると 到底節約できるとは思えません。むしろ逆効果ではないかという結論になってしまいます

独学で受けようとする人たちを二分するとしたら、
・まだ行政書士の試験を受けたことがない人
・一度以上行政書士の試験を受けて失敗した人

になりますが、前者の場合、自分のキャパシティをはるかに超えてしまう勉強計画や勉強法を 選んでしまって大失敗する例が引きもきりません! 
実は後者の場合でも独学での行政書士受験は成果が出やすくないようです。
前回の受験で、あと数点くらいのところまでいったのだったらまだ別ですが、 そうでもない人、つまりまだ得点力があまり身についていない人のほうが圧倒的に多いからでしょう。

行政書士の独学は、法令の知識や行政関係の職務経歴等、相当の素養を持っている人 くらいしか有望ではありません。再受験組だったら、前回に本当に惜しいところまでいっていた人だけですね。

行政書士の試験は独学で受けることをどうしても試したいなら、 まず試験までに10ヶ月くらい、つまり1年近く時間があるときにしましょう。
まず1週間か2週間くらい、行政書士の参考書や問題集(借りるだけでもかまいませんし ネット上にありそうならそれを出力するだけでもかまいません)をめくってみて、 自分の頭でついていけそうかどうかじっくり向き合ってみましょう。
少しでも不安を感じたら独学は素直に断念して、通学や通信で先生に教えてもらうことを選んだほうが 安全です!