行政書士合格者の平均の勉強時間のうんちく

行政書士, 勉強時間, 平均

行政書士になるためにはたっぷりとした勉強時間をあらかじめとってから取り掛かりたいものですが、 どれくらい行政書士の勉強時間は必要なのか、受かった人たちは平均でどれくらいの時間をかけているのか できれば知りたいものですよね?

行政書士の平均の勉強時間はアンケート等をとりづらいこともあって、信頼できるデータに乏しいのですが、 そもそも行政書士のような高難度の試験の場合、1回だけの受験で合格できる人がそんなに多くありません。
つまり、累算すると平均して数年分の勉強時間になってしまうと思われますね。

しかしこれでは、これから行政書士になりたい人たちの参考になる平均の勉強時間だとはいえないでしょう。
やっぱり、1回の受験で手際よく合格を果たしたいものではないでしょうか?
それらの事情を総合しながら各データをまとめていくと、 まったくの行政書士受験初心者が1回の受験で受かるには、平均で400~500時間くらいの勉強時間は なるべくかけてほしいと思います。

なお、人によって行政書士の受験勉強の進みぶりが変わりますから、この勉強時間は平均といってもちょっと多めに 算出しています(要領のいい人だったら、その半分くらいの時間でも足りる可能性はありますね)。
ところで1日当たり平均2~3時間の行政書士の勉強を毎日続行すると、6ヶ月~9ヶ月くらいの勉強時間に なるのが前述の数字なのですが、どうしても1ヶ月のうちで勉強できない日が何日かはあるでしょう。
それを考慮すると、試験までに1年近くあったとしても 250~300時間くらいしか勉強できない人もいると思われます(そうなりそうなら、効果の高い勉強法を 意識しないといけませんね)。

ゼロからの行政書士受験で必要になる平均の勉強時間についてここまで書いてきましたが、 自分自身がどれくらいの時間を毎日かけられるのかを試算して、何日くらい、何ヶ月くらい最低限必要に なりそうかをはじき出していただきたいと思います。
ところで、勉強時間も大切ですが、ただ時間をかければいいというわけでもないですね。
勉強は中身が大切です。密度の濃い勉強をしていれば、予定よりもだいぶ早く学力は身につきます
(あとのページから学習効果の高い勉強法にヒントをつかむようにしてください!)。