行政書士になって年収を高めるための準備

行政書士, 年収

行政書士の資格が数年前からずっと世の中の耳目を集めているのは、どうしてでしょうか?
仕事が多くて働き方が狭くないことや、受験資格がなくて誰でも目指せることもあるでしょうし、 もうひとつ、行政書士には年収が高くなる一攫千金のチャンスがあることも見逃せないでしょうか?

行政書士の年収で確かにいえることは、誰にでも立派な年収をつかみとれるチャンスがあることでしょう。
資格を認められたときは、ひとり残らずまったく同じスタートラインに立っていますが、 そこから先の展開はその人次第です。
実際に、年収1000万円以上の、いわゆる高額所得者の仲間入りができる行政書士が各所に住んでいます。

行政書士の平均的な年収だったら、やはりそんなによくはありません。
自分の事務所等を持っていて堅実に働くことに成功しているような人たちに限って話すと、 開業して数年で年収は500万円以上、ちょっと安定している行政書士たちで700~800万円といった ところではないでしょうか。

うまくいかない例はもちろん多々あります。行政書士登録後に年収が3年くらいたっても300万円を超えず アルバイト等をしている例も珍しくありません。
「3年くらいがんばってみて、行政書士の仕事だけによる年収が***万円を超えないようだったら廃業しよう」と 決意して働く新米行政書士も少なくありません。こうして自分にノルマを課して努力することは、 成功を自分のもとに早く引き寄せる上ではいい方法かもしれません。

行政書士の年収はこのように幅があり、特に最初の数年間で大きく分かれがちですから、 行政書士の試験勉強に打ち込んでいる間にも、合格後にどんな行政書士になりたいのか 計画を固めておいたほうがいいでしょう
たとえば、他の資格(関連する、宅建や社労士、FP等)も手に入るとおおいに役立つ可能性があります
通信講座や学校で勉強するなら、他の資格もいずれ勉強できる可能性もあるでしょうし、 できるようだったら先生等に合格後のアドバイスももらっておくとよいでしょう。
年収が安定していて高い行政書士になるには、勉強中から計画を立てておくに越したことはないですし、 とりわけ優良な通信講座や学校で勉強していれば情報も多く入ってきます。