行政書士になって求人を探すときの知恵

行政書士, 求人

行政書士の試験につつがなく受かってからのことも書いておきましょう。
行政書士の試験合格はイコールで資格取得を意味するのではないため、 登録等を終えるだけでもそこそこ手続きがありますし、費用もかかります(20万円以上かかると 覚悟しておいてください!)が、そんなにかかるともなれば、できるだけ早く 働いて回収したいと願いたくもなるのではないでしょうか?
行政書士の仕事ぶりや求人について軽く説明しておきます。

行政書士の求人の量がときどき資格取得者の間で話のタネになりますが、実は行政書士の求人は 普通に探してもめったに見つかりません。
行政書士の求人が少ない理由は、
・最初から、どこかの企業に潜り込んで働くための資格ではない
・一般的な行政書士事務所は、他の行政書士を使おうとする傾向がない

といった理由からでしょうね。行政書士の求人が少ないことを現在の志願者が嘆いても仕方がありませんから、 どうやってそれを埋め合わせればいいのかをここで検討しましょう。

行政書士はもともと、ひとりひとりが事務所でも開いて独立独歩の形でやっていくことが前提になっているような 資格です。求人を探して雇ってもらうのではなく、行政書士は開業をすることが常識なのです。
求人に頼らないで最初から独立・開業をすることもぜひ検討してほしいと思います。
やはり場所はキーポイントになりますね。電話帳等を開くなどして、行政書士がすでに多そうな地域で 開業することはできれば避けたいですし、また近くの行政書士がどんな仕事を専門にしているのか調べて、 自分の専門分野はまったく重ならない分野にするなどの配慮は必要になるでしょう。

いきなり事務所を開くことに怖さを感じる人はやっぱり多いはずです。行政書士の求人があがってないか つい調べたくなるのはその気持ちのなせるわざでしょう。しかし企業が行政書士の資格を求めることは 多くないですし、あったとしても行政書士らしい仕事ができるとはいえません。
となると、ありそうなことは、企業ではなくて既存の事務所からの行政書士の求人ですね。
現在では行政書士事務所の法人化も条件付きで認められていますから、ずっと前よりは 可能性があるともいわれています。また、ただの行政書士事務所ではない法律事務所からの求人も あることはあります。たとえば弁護士事務所が行政書士を雇っていることはありますし、 各種の資格を持っている人材同士(たとえば行政書士のほか、社労士や税理士ほか)が集まって事務所を 開いている例もあり、それらのケースで行政書士の求人が出てくることも今はあるでしょう。

行政書士の求人はひょっとしたら今過渡期にあるのかもしれません。ちょっとずつ変わっていることは事実ですから 自分であれやこれやと工夫をしながら探していくことが大事でしょう。